2020年2月26日の日記「もはや疲れしかない」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

何だか最近、やたらと打ち合わせがあります。しかも突発的な打ち合わせ。今日は午後に2本、夜に1本の打ち合わせ予定が、気づけば1日打ち合わせをし続けていました。ちょっと打ち合わせし過ぎですね。

もはや疲れしかありません。午前中はまだ元気ですが、時間が経つにつれて、頭の回転も鈍くなります。それほど能力が高いわけではないので、どんどん劣化していきます。自分で言うのは悲しいですが(笑)

結局同じループから抜け出せていません。むむっ、よくないよくない。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2020年2月25日の日記「人の目を見て話すこと聞くこと」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

子どもの頃、幼稚園だったでしょうか、人の目を見て話すことと聞くことを教わりました。これ、基本ですよね。ですが、大人になって、特に社会人になって、意外とできていない人が多いことに気付きます。

いまはパソコンで仕事をすることも多いので、ディスプレイを見ながら話したりもしますし、余計に目を見てのコミュニケーションが希薄になったように思います。声だけ出していれば、相手に届くだろうという過信もあるのでしょうか。チャットやメールが声のコミュニケーションを遮ってしまっているようにも見えます。

きちんと文章で伝えることも大事ですが、最低限のマナーとして、目を見て話したり聞いたりするコミュニケーションがしたいですね。打ち合わせをしながら、そんなことを思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2020年2月22日の日記「首と肩が痛い」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

いま、猛烈に首と肩が痛いです。寝違えたのかなと思いましたが、なんとなく経験上違うような感覚があります。なんかこってるな、という感じでもなく、明確な痛みなのです。

コロナウイルスが拡大の気配を見せています。マッサージに行きたいのですが、セラピストの方と個室で距離が近いことを考えると、少し心配になってしまう面もあります。もはや経路を心配してもしかたありませんが。

身体を楽にしたいな。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2020年2月21日の日記「よく喋る人と喋らない人」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

ぼくは普段から、あまり喋らない方です。喋るよりも聞く方が好きです。それはポジティブに見ると傾聴できるなのですが、ネガティブに見ると意見なしと思われがちです。

今日の打ち合わせで、初めましての方が、ものすごく喋る人でした。喋る人にも2タイプあって、それは頭の回転が早くて言葉を操れるか、無駄に自慢話を長くするか、どちらかに分類されると思っています。この方は前者でした。

ためになる話が聞けたので、頷く一方だったのですが、反面ぼく自身がほとんど喋らない形になったので、上長からすると「何のためにここにいるんだ」という形に見えたのでしょう。視線を感じました(笑)

言葉には責任が伴うので、口数多く上手く伝えることができないぼくの性格。ビジネスにおいては不利なんでしょうけどね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2020年2月20日の日記「人を傷つけずに諭すって難しい」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

ぼくが勤めている会社は3月が期末です。この時期になると「数字」が慌ただしくなりますし、来期に向けての活動も進むため、施策やキャリアの話もテーブルに上がります。

管理職の立場であるぼくは、メンバーのキャリアもしっかり見つめないといけません。でも全てのメンバーが順調なわけでもなく、やはりくすぶってしまうメンバーがいるのも事実です。

そんなメンバーに「痛いこと」を伝えなければなりませんし、厳しい言葉を投げたり評価も厳しくしたり、相応の対応を迫られます。なかなか体力が追いつきません。伝えた後は、どっと疲れが出ます。言い方を間違ったりすると、パワハラとかにもなっちゃいますし。

気をつけていかないとですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2020年2月19日の日記「考える時間」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

仕事をしていると、後回しにしがちなのが、考える時間です。考えなくちゃいけないことはたくさんあるのに、目先のタスクや突然の打ち合わせに時間をとられて、結局何も考えられなかったなんて日も多くあります。

でも今日はちゃんと考えようと思い、時間をとって考えました。iPadとApple Pencilを持って、個室にこもって、ひたすら考えを書き重ねました。来期に向けての施策をアウトプットした形です。

これからも考える時間は必要で、ちゃんと確保しないとですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2020年2月18日の日記「信頼感と真摯に取り組む姿勢」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

仕事をする上で一番大切なことは何か。そう質問されたら、みなさんは何と回答しますか。この質問に唯一の解はないので、十人十色、一番大切だと思う数の分だけ答えもあります。

ぼくは「信頼感」と答えます。信頼感なくして、仕事は成り立ちません。信頼感があるからこそ、人に仕事を委ねたり、協力したり、シナジーが生まれると思うのです。信頼感のベースがないと、肝心なところで結びつきが弱くなると思っています。

仕事上のスキルやテクニックは、経験と年数がいくらでも大きくしてくれます。やればやった分だけ、身につく可能性が高いのです。でも信頼感は簡単に生まれないし築けないし、生まれて築けても簡単に壊れてしまいます。信頼感と危うさは、表裏一体な気すらします。

信頼感を得るには、自責の行動が求められます。人のせいにしたら、そこで成長は止まるのです。自分が傷つきたくないから逃げているだけですし。自分事化しないと、できないと、いつまでたっても相手から信用もされません。信頼されたければ自ら行動せよ、ですね。

自ら行動するときには、真摯さが求められると思います。どんなことでも丁寧に着実に、相手のことを考えて動く。この積み重ねが、信頼感の貯金になっていくと思うのです。莫大な利益を出さなくても、世界を変えるような発明をしなくても、確かな貢献が身近にあると思います。

信頼感と真摯に取り組む姿勢。大事にしていきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2020年2月17日の日記「ケンタッキーフライドチキン」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

ファーストフードといえば、マクドナルドやロッテリアのイメージが強く、ハンバーガーを食べるところという印象もあります。なので、ケンタッキーフライドチキンには、ほとんど行ったこともなければ食べたこともありませんでした。

今日もいつものカフェに行ったのですが、生憎満席で座るところがありません。他のカフェも覗いてみましたが、珍しいことに座れないのです。なので、空いていたケンタッキーフライドチキンに入りました。

もう注文からカルチャーショックで、何を頼むのがベストなのかわからないのです。チキンを食べるお店なのに、なぜかハンバーガーもあるし、ここはファーストフードとしてハンバーガーを頼むべきなのかなど、思考を回転させました(笑)最終的にはチキンを選びましたが。

適量がわからなかったので、チキンを3本頼んでみたところ、意外とペロッと完食できました。病みつきな感じで、おいしいのです。手はベットベトになりましたが、高畑充希が「今日ケンタッキーにしない?」と揺さぶりをかけてくる意図もわかりました。

手が汚れるので、できることは限られますが、今後は有効活用したいと思えるお店でした。ちゃっかりアプリもダウンロードしちゃったし!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。