【書評・試してみる価値アリ】『死ぬほど読めて忘れない高速読書』

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

今日は2020年最初の1冊目として、上岡正明さんが書かれた『死ぬほど読めて忘れない高速読書』をレビューしたいと思います。書店の平台に並べられていることも多く、インパクトある四字熟語ですので、記憶の中に入っている方も多いかもしれません。

出だしからなんですが、ぼくは速読やそれに準ずることをテーマにした書籍に対して、ほとんど信頼を置いていません。というのも、読書好きになった入り口は小説からで、「本を飛ばして読んだり斜め読みするなんて言語道断だ!」と思っているからです。言葉の1つ1つ、行間の間合いを楽しんでこその本であり読書でもあるのに、それを無視した読み方をするなんて、1ミリも納得をすることもできません。

ではなぜ、本書を読もうと思ったのか。
きっかけは義理の父から薦められたからでした。
権力に屈したわけではないですよ(笑)


“【書評・試してみる価値アリ】『死ぬほど読めて忘れない高速読書』” の続きを読む