2020年2月20日の日記「人を傷つけずに諭すって難しい」

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

ぼくが勤めている会社は3月が期末です。この時期になると「数字」が慌ただしくなりますし、来期に向けての活動も進むため、施策やキャリアの話もテーブルに上がります。

管理職の立場であるぼくは、メンバーのキャリアもしっかり見つめないといけません。でも全てのメンバーが順調なわけでもなく、やはりくすぶってしまうメンバーがいるのも事実です。

そんなメンバーに「痛いこと」を伝えなければなりませんし、厳しい言葉を投げたり評価も厳しくしたり、相応の対応を迫られます。なかなか体力が追いつきません。伝えた後は、どっと疲れが出ます。言い方を間違ったりすると、パワハラとかにもなっちゃいますし。

気をつけていかないとですね。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です