2020年1月9日の日記「デジタルもアナログも」

今年からスケジュールとタスクの管理を全てデジタルに移行しました。昨年まではシステム手帳を使っていましたが、重さと大きさが次第にバッグの中で融通きかなくなってしまったのです。

基幹デバイスはiPadです。最新ではありませんが、Apple Pencilが使えるので、資料のラフとかを書くときにも重宝します。スケジュールはGoogleカレンダーを軸に、Calendars 5を使っています。タスクとスケジュールを並列で見ることができるので便利ですし、小刻みにスケジュールを管理するぼくにとっては使い勝手の良いアプリです。

タスクもスケジュールの一部としてGoogleカレンダーに入れて、Calendars 5で表示させています。タスクをスケジュール化している形です。昨年まではタスクリストを作って管理していましたが、先送りになるタスクが多いのと、別の日に同じタスクを書き写していくのが手間になってしまいました。タスクをカレンダーに入れると、その時間にそのタスクをやるしか術がなくなるので、嫌でもやるマインドになるのが素敵です(笑)紙の手帳にはできない通知も便利!

いまのところ、問題なくスケジュールもタスクも管理できています。デジタルの利便性を感じているところです。でも、アナログを捨てたわけではありません。字は汚ないですけど、文具や手書きは大好きですし、思考のアウトプットや絵を描くときには、やはり真っ白な紙とペンがベストだと思っています。共存するのが良い感じ!

デジタル真っ只中の世の中ではありますが、アナログの良さは活かしつつ、これからもぼくなりのやり方を見つけていきたいなと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です