2020年1月6日の日記「チームのベクトル」

2020年1月6日の日記

みなさん、こんばんは。管理人のひっぺです。

今日から仕事始めの方が多かったのではないでしょうか。ぼくも年末年始休暇を経て、今日から仕事を開始しました。休暇中は1ミリも仕事をせず、帰省したりお出掛けしたりこどもたちと遊んだり、心地よい疲れを持ちながら過ごしていました。

9日振りの仕事は、始業からフルスロットルとはいかず、ペースを取り戻しながらひとつひとつの業務を進めました。毎週月曜日はチームミーティングをしているので、年明け早々メンバーを集めて仕事とプライベートの話をしましたが、なかなかベクトルが合いませんでした。

チームの中でひとり、ぼくが話をしても上の空で、目が合うこともなくずっとパソコンを見ている人がいました。他のメンバーとの会話にも混ざらず、ミーティングの場には来ているけれど、言葉を発せずそこにぽつんといる感じ。普段から割りとそういうタイプなのですが、今日はより目立ってしまった印象でした。

ぼくは管理職の立場なので、すべては自責と捉えて、メンバーを良い方向に動かさないといけません。それでも頭の片隅で、自責とはいえ一体それはどこまでの範囲を言うのだろうと、疑問に思ってしまうときもあります。

ラグビーワールドカップの影響で、ワンチームが様々な場面で使われるようになりました。理想ではあるけれど、現実的には難しいときもある。背景も考えも生き方も異なる人たちが集まってチームを作っているわけですから、一筋縄ではいかないですね。

今年もぼくについてくる大きな悩み。良いベクトルあわせができるように、書籍からも勉強したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です